新幹線/Shinkansen 新幹線/Shinkansen トップページに戻ります

トップへ戻る

200系 1/3ページ

< 前へ

次へ>

2013年4月14日引退。最後は、リニューアル編成5本が、JR東日本に在籍していました。

リニューアル

東北・上越新幹線 200系

 1982年の東北・上越新幹線開業と同時に、デビューした200系。8・10・12・16両編成など、数々のバリエーションを持ち、幾度となく改造を受けました。

 最後まで活躍したのは、10両編成のリニューアル編成。

東海道・山陽新幹線では、新型車がデビューすると、従来の車両は、各駅停車の運用に回ることが多いですが、200系は、外観や内装が一新され、新型車両と変わらないサービスを最後まで提供しました。

 (2007年6月撮影。左が200系)

ボディマウント

東北・上越新幹線 200系

 着雪を防ぐため、床下も屋根のように覆う、ボディマウント構造で、出入り口横に床下機器冷却用空気取り入れ口があります。

 しかし、線路上の雪は、スプリンクラーで融かされるので、実際の着雪は少なく、床下を覆う構造は、車重が増えてしまうので、その後の車両には採用されませんでした。

 (2008年夏のラッピング編成)

F90番台

東北・上越新幹線 200系

 200系F編成の、90番台 4編成は、高速対応改造を受け、時速275キロ運転が可能だった車両です。

 上越新幹線の下り方向、大清水トンネル内から新潟方面への、長い下り坂を利用してのことですが、1990年から、7年後の500系のデビューまでは、最も速い新幹線でした。

 (2004年3月撮影)

Copyright (C) 2016 Bullet-train.jp. All Rights Reserved

新幹線/Shinkansen 新幹線/Shinkansen トップページに戻ります
東北・上越新幹線 200系
東北・上越新幹線 200系
東北・上越新幹線 200系
新幹線/Shinkansen トップページに戻ります
新幹線/Shinkansen 新幹線/Shinkansen
東北・上越新幹線 200系
東北・上越新幹線 200系
東北・上越新幹線 200系