新幹線/Shinkansen 新幹線/Shinkansen トップページに戻ります

トップへ戻る

E2系 1/2ページ

< 前へ

次へ >

東北新幹線の「はやて」「やまびこ」「なすの」。上越新幹線の「とき」「たにがわ」。北陸新幹線の臨時「あさま」

0番台(10両編成)

上越新幹線 E2系 浦佐

 長野新幹線への投入、および、E3系「こまち」との併結で、東北新幹線のスピードアップを図るために誕生したE2系は、10年以上続いた製造期間中に、編成形態を変化させた。

 初期の編成は、8両編成だったため、のちに挿入された中間車2両のみが、大型窓で、屋根上には大型のパンタカバーがある。現在は、上越新幹線で運用されている。

1000番台

東北新幹線 E2系 いわて沼宮内~二戸

 東北新幹線の八戸延伸と、その後の新青森延伸開業に備えて製造された車両は、製造時から10両編成でグリーン車を除き大窓になっている。低騒音型パンタで、カバーはなく、50Hz専用。

現在も、東北新幹線で活躍中だ。(写真奥は、岩手山)

0番台(8両編成)

北陸(長野)新幹線 E2系 高崎~安中榛名

 長野オリンピックに合わせて開業した長野新幹線は、軽井沢付近を境に、電源周波数が50Hzと60Hzに分かれていた。

それに対応している8両編成のE2系が、ほぼ全ての運行を担当してきたが、現在は、E7/W7系にその役目を譲り、2017年3月に引退することとなった。(写真奥は、浅間山)

Copyright (C) 2017 Bullet-train.jp. All Rights Reserved

新幹線/Shinkansen トップページに戻ります
新幹線/Shinkansen
新幹線/Shinkansen トップページに戻ります
上越新幹線 E2系 浦佐
東北新幹線 E2系 いわて沼宮内~二戸
北陸(長野)新幹線 E2系 高崎~安中榛名