新幹線/Shinkansen 新幹線/Shinkansen トップページに戻ります

トップへ戻る

E5・H5系 1/3ページ

< 前へ

次へ >

東北・北海道新幹線の「はやぶさ」、および「はやて」「やまびこ」「なすの」

テクノロジー

東北・北海道新幹線 E5系 いわて沼宮内

 先頭車は、トンネル微気圧波を防ぐ、15メートルのロングノーズ。

屋根の上の低騒音型パンタグラフは、鶴のような姿。足回りは全てカバーで覆われている。

車体間の全周ホロ、フルアクティブサスペンション、車体傾斜装置も装備した、国内最速の新幹線電車だ。

グランクラス

東北・北海道新幹線 E5系 グランクラス車内

 新函館北斗寄り先頭車、10号車は、グランクラス。

グランクラスのために開発されたシートは、18席。

専任のアテンダントが、ファーストクラスのサービスを提供する。

なお、10両編成全体では、合計で731席。従来の「グリーン車」は9号車で、55席だ。

時速320キロ

東北・北海道新幹線 E5系 北上~新花巻

 E5系は、誕生時から時速320キロの営業運転が可能な性能を有していたが、段階的にスピードアップを行った。

2011年に、最高時速300キロでデビューし、2013年3月から、E5系単独運転を時速320キロに、スピードアップ。同時に、E6系と併結での300キロ運転も始まった。

さらに、2014年3月から、E5+E6系併結の運転も、最高時速320キロに、ステップアップした。

Copyright (C) 2017 Bullet-train.jp. All Rights Reserved

新幹線/Shinkansen 新幹線/Shinkansen トップページに戻ります
東北・北海道新幹線 E5系 いわて沼宮内
東北・北海道新幹線 E5系 グランクラス車内
東北・北海道新幹線 E5系 北上~新花巻
新幹線/Shinkansen トップページに戻ります
新幹線/Shinkansen 新幹線/Shinkansen
東北・北海道新幹線 E5系 いわて沼宮内
東北・北海道新幹線 E5系 グランクラス車内
東北・北海道新幹線 E5系 北上~新花巻