新幹線/Shinkansen 新幹線/Shinkansen トップページに戻ります

トップへ戻る

N700系(16両編成) 1/3ページ

次へ >

東海道・山陽新幹線の「のぞみ」「ひかり」「こだま」。JR東海とJR西日本に所属。

車体傾斜

東海道・山陽新幹線 N700系 岐阜羽島~米原

  他の新幹線と比較して急なカーブが多い東海道新幹線で、カーブでの速度向上に貢献するのが車体傾斜システム。

 カーブに差し掛かった先頭車から、順に傾いているはずだが、もともと線路はカーブの内側に傾けて敷設してあるし、1度の傾きなので、目視では判別できない。

逆に考えれば、1度の傾きでも乗り心地には大きく影響するとも言える。

エアロダブルウイング

東海道・山陽新幹線 N700系 静岡~掛川

 先頭車の座席数を削ることなく、空気抵抗・微気圧波対策がなされている形状は、「エアロダブルウイング」と呼ばれる。

運転席後ろの乗客出入り口付近まで車体は絞り込まれ、先頭側 3/4程度の屋根は10センチ程低くなっている。

N700A

東海道・山陽新幹線 N700系 岐阜羽島~米原

 2013年2月に、従来のN700系に新機能を追加した、「N700A」 が登場。

定速走行装置を初搭載。ブレーキ力は強化され、車内では、LED照明が採用されている。

次へ 2/3 >

Copyright (C) 2016 Bullet-train.jp. All Rights Reserved

新幹線/Shinkansen 新幹線/Shinkansen トップページに戻ります
東海道・山陽新幹線 N700系 岐阜羽島~米原
東海道・山陽新幹線 N700系 静岡~掛川
東海道・山陽新幹線 N700系 岐阜羽島~米原
新幹線/Shinkansen トップページに戻ります
新幹線/Shinkansen 新幹線/Shinkansen
東海道・山陽新幹線 N700系 岐阜羽島~米原
東海道・山陽新幹線 N700系 静岡~掛川
東海道・山陽新幹線 N700系 岐阜羽島~米原